ヒートアイランド現象と太陽光発電

§ Filed under 北海道で発電

いま北海道でも、かなり夏は暑いような状況が出てきてしまっています。
昔は、北海道というのは避暑地という印象が強かったです。
もちろん、いまでも本州よりは涼しい印象になっています。
そもそも、梅雨といったものがありませんのでじめじめといった湿気がない地域であるからです。
nullしかし、北海道でありましても夏の気温が上がり続けてしまっています。
ヒートアイランド現象によるものであるということが言われているのですが、あまりよろしいものではありません。
さすがに夕方以降になると夏場でも涼しくはなるのですが、
それでも暑いことには変わりがないようになっているのです。
そのような暑くなりつつある北海道ですが、特に顕著なのが札幌市です。
前述したヒートアイランド現象を最も北海道で感じている地域になっています。
ヒートアイランド現象ですが、やはり温室効果ガスというものも大きなかかわりがあります。
地球全体でそういったものをたくさん排出していってしまっているのです。
その結果、気温が下がりにくくなっているという特徴が出てきてしまっています。
その温室効果ガスですが、電力を作る時にもたくさん排出されます。
そういったことを考えますと、太陽光発電を利用していくことが大切になってきます。
太陽光発電は温室効果ガスを排出しないようになっています。
太陽の光をエネルギーにして電力を作るのです。
そのエネルギーが枯渇するような心配もありません。
ヒートアイランド現象を身近に感じつつある札幌市だからこそ、
そういった太陽光発電を導入していくのがよろしいでしょう。