積雪量の多い札幌市で太陽光発電を設置する

§ Filed under 北海道で発電

札幌市にお住まいの方で太陽光発電システムの購入を検討中の方は、冬季間の積雪で太陽光発電システムのソーラーパネルが壊れてしまわないかどうか不安に思う方がおられるでしょう。
太陽光発電システムの製造メーカー各社は北海道地区で住宅用太陽光発電システムを普及させるために、冬季間の積雪で雪の重みに耐えられるソーラーパネルを研究開発し、市販化しています。null
札幌市内は冬季間の積雪量が多い地域ですから、降雪時に備えて住宅用太陽光発電システムのソーラーパネルを屋根の上に設置する場合、傾斜をつけて設置するようにしています。
屋根自体に十分な傾斜がある場合はそのまま屋根に直付できますが、無落雪屋根に代表される勾配のない屋根にソーラーパネルを設置する場合、専用の部材を使ってソーラーパネルに傾斜をつけて設置します。
設置状況によってはソーラーパネルに降り積もった雪が傾斜により滑り落ち、ソーラーパネルの下部に一時的に集まってかなりの荷重がかかるケースが考えられるでしょう。
太陽光発電システムの製造メーカー各社は雪の重みに耐えられる強度のガラスをソーラーパネルの表面に採用し、ソーラーパネルの設置に使用する部材や金具も雪の重みに余裕を持って耐えられる強度のものを選定して、積雪地帯でも安全に太陽光発電システムを使用できるようにしています。
吹雪の時には降雪と同時に強風も吹きます。
ソーラーパネルにとって厳しい状況となりますが、強風に対する耐久性もしっかり対策がなされているので安心でしょう。