札幌市のような雪のある場所での太陽光発電

§ Filed under 北海道で発電

全国的に、太陽光発電システムは盛んに導入されてきており、
特に広い土地のある都道府県では、一軒家率が高いため、
ご自宅の屋根に太陽光発電システムを取り付けてあるのを
よく見かけることがあります。
北海道札幌市などでは、日本の中でも雪が降る地区なので、
ちょっと特別な注意が必要です。
その特別な注意とはなんだと思いますか?
答えは「」です。
太陽光発電システムは見てお分かりの通り、なんとなくつるつるした表面ですし、
斜めに剥いているので、雪が降って積もっても、その雪がやがて、重みでずるっと、
おちたり、溶けたりするのですが、大雪だったりすると、なかなか溶けず、
そのために、太陽光発電から発電される電気量が下がってしまいます。
しかし、よく考えてあるもので、雪国用の太陽光発電システムには、
きちんと雪国用の特別なパーツがあるのです。
雪止め金具、雪止め瓦、雪止め施工、プロテクション、配線など、
雪国ならではの太陽光発電システムの設置方法です。
雪国ならでは、なので、太陽光発電システムを設置する時には、
システムの重さなどを、しっかり考慮しないと、太陽光発電パネルと雪の重さで、
屋根がぬけおちてしまったり、雪下ろししようとして、うっかり太陽光発電パネルを
踏み潰してしまったり、なんていう失敗があってはなりません。
信用できる、きちんとした太陽光発電設置業者に依頼すると、
どのような点に注意したらよいか、などをきちんと教えてくれますので、
導入にあたっては、まずしっかりご相談をお願いします。