雪の多い札幌でも太陽光発電

§ Filed under 北海道で発電

冬の札幌市で一番有名なのが札幌雪まつりでしょう。
雪まつりができるほど雪が多い札幌市で
これまで太陽光発電はあまり普及してきませんでした。
なんでも日本全体で一番普及率が低いらしいです。
そんな札幌市でもだんだんと太陽光発電を設置しているお宅が増えています。
高額なイメージがあった太陽光発電システムが低価格になってきたことと、
国や自治体の補助金を利用することができるためです。
二酸化炭素を出さない太陽光発電は、
低炭素社会を導く環境にいいものとして補助金の対象になっています。
補助金の他にも再生可能エネルギーの固定価格買取制度があり、
その契約をすればあまった電力を売電することができます。
雪の札幌市で意外に思うかもしれませんが、
日照時間を比べれば東京をさほど変わらないのです。
札幌市の西区のお宅でも太陽光発電を設置していました。
陸屋根のお宅でも太陽光パネルを設置できるものなんですね。
専用の架台をいくつか設置して、
屋根に負担をかけないような設置の仕方をしているそうです。
架台を設置する時調整すれば、
屋根の向きがどちら側でも南向きに太陽光パネルを設置できそうです。
もっとも陸屋根なら屋根の向きなど最初から関係ないでしょう。
太陽光発電は価格が安くなっているだけでなく、
発電効率も高くなり技術も進歩して設置できるお宅が増えているみたいです。
補助金はいつまで続くかわかりませんし、
買取価格も新年度に再設定されるみたいです。
そう考えると今が太陽光発電を始めるチャンスだと思います。