北海道から沖縄まで広く太陽光発電を考える

§ Filed under 地球環境と太陽光発電

家電では省エネ家電、車では低燃費自動車、人であればクールビズ、と、最近はありとあらゆる事にエネルギー問題が関連してきます。
使う人や場所が変わっていなくても、物がどんどん時代と共に変わっていきます。
この様なことは、住む環境・地球の環境が大きく変わっていることが根本にあり、その環境対策として行われています。
このことをしっかりと理解する事が必要です。null
特に、日本では、電化製品が多く生産されている国でもあり、常に最新の便利で楽しくスピーディーが、その商品の魅力のメインでした。
そのような事が最近の環境対策により、エコが第一の商品へと変わってきています。
幸いなことに、日本の技術が優れているため、今までの商品をさらにエコにという事が可能で、商品の質が落ちていない事が素晴らしい点です。
しかし、どのように素晴らしいエコ商品が開発されても、その使い方を見直さなければ、本当の意味でのエコ対策・環境対策とはなりません。
そのため、次世代の環境対策として、発電という発想に変える事が大切です。
発電方法として、最近では太陽光発電がかなり広く浸透してきています。
太陽光発電は、太陽光を利用しての発電なので、特に環境に影響を及ぼす事のない発電方法です。
しかし、その普及に関して、以前は自宅の消費電力を全て発電する事が可能など、様々に太陽光発電のメリットを伝える事を耳にしましたが、実際は、日照や天候にも大きく左右されますので、その有効活用には、今の太陽光発電でも地域差が生じる事が事実です。
特に、広い北海道であれば北海道の中でも、東西南北に様々な気候の地域があるため、太陽光発電での発電量に地域差が生じる事も事実です。
北海道だけではなく、ほかの県でも同じような事が言えます。
しかし、消費電力を100%太陽光発電でまかなう事が出来なくても、何%かの電力をクリーンエネルギーでカバーできるだけで、環境対策には大きな助けとなります。
太陽光発電の設置に関する費用の問題もありますが、北海道から沖縄まで、広く太陽光発電が普及すると、日本が出来る環境対策として、大きな効果が期待出来ると言っても過言ではありません。