土地を利用した太陽光発電

§ Filed under 地球環境と太陽光発電

北海道は日本で一番面積の大きな都道府県の一つです。
そこで、この広大な土地を利用しての太陽光発電がおこなわれています。
そもそも、太陽光発電とは、日中、太陽が出ている時間に、太陽発する熱エネルギーを利用して、それをソーラーパネルに集めることで、発電をする仕組みです。
nullそして、ソーラーパネルは、建物の屋上や土地に設置をするのですが、そのパネルは大きければ大きいほどより多くの電力を作ることができます。
そこで、元来建物が少なく、自然が多くて土地の広い北海道では、その余っている土地上にソーラーパネルを設置することで、たくさんの電力を発生させることが可能となります。
通常の火力発電などでは、石油や石炭などの燃料を使用する上、電力の発生時に二酸化炭素などの有害物質が発生します。
そこで、地球環境を考えたときに、有害であるといえます。
しかし、太陽光発電では、その太陽の熱を利用することから天然資源の利用はなく、二酸化炭素なども排出しません。
そこで、環境に配慮したエコロジーな発電方法といえます。
有害物質を発生しないことから、牧場や農場が多く存在する北海道という土地柄にもあっている発電方法だといえます。
さらに、北海道と言えば、酪農システムが盛んな土地であることから、工場などもたくさんあります。
そこで、工場の屋根を利用してソーラーシステムを設置することで、工場自体もその発生した電力を利用することができます。
したがって、工場の電気代削減にもなり、経済的だといえます。
そして、夜間などで発電していない時間帯であっても昼間に太陽光発電でためておいた電力を利用することはできるため、節電に貢献できます。
そして、万が一停電が起こった場合にも、そのためておいた電力を利用することができるため、工場の操業への支障も軽くて済みます。
昨今の節電要請にも対応できる太陽光発電は、これからさらに、広い土地を持つ北海道において導入されていくでしょう。