太陽光発電を屋根に取り付ける時の注意

§ Filed under 失敗しないために

現在太陽光発電を導入されているお宅も増えてきました。
よくある光景ですが、屋根の上に取り付けをされているのも見かけますね。
太陽光モジュールと言われる板を取り付けをして、そこに太陽の光をあてて熱の力を利用をして発電をするという仕組みとなっています。
そのため必ず太陽光モジュールが必要になり、そして取り付けについて考えなくてはいけません。
屋根の上に取り付けをする時ですが、注意をしたい点があります。
例えば重さに耐えられるかを確認しなくてはいけません。
屋根にも色々な素材があります。
頑丈な作りをしていますが限界もあるため、どれだけ乗せることが出来るかどうかを見極める必要があるのです。
もし重さに耐えられなくなると、ヒビが入ってしまい雨漏りをする危険性も出てきます。
また雨についてですが、雨が太陽光モジュールにあたっても問題はありませんが注意をしたい点もあります。
屋根の上に雨が降っても下に流れるため、屋根の上には貯まらないようになっています。
それを太陽光モジュールを取り付けることによって、流れをせき止めてしまったらどうでしょうか。
水がたまって勢いよく流れると言うのは非常に危険なことです。
そのため流れをせき止めないように考慮をして取り付けをしましょう。
それぞれ業者にお任せすることになりますが、より安全な方法で取り付けをしてくれる業者を選びたいものです。
長年使うためにもよく話しあって導入をするようにしましょう。